Android版「ワンダーフリック」をプレイしてみた

2014年2月5日
カテゴリー: 音楽

ワンダーフリック|株式会社レベルファイブ

現在 Android, iPhone, iPad で配信されている基本プレイ無料(アイテム課金)の RPG 「ワンダーフリック」をプレイしてみました。スマホ向けゲームは今までにプレイした事がありませんが、開発がレベルファイブとか、スマホゲームにしてはトップレベルのクオリティだとか、音楽が植松伸夫氏であるとか色々と噂には聞いていたので気にはなっていました。

第一印象

何よりも思う事は、「手軽」というところ。オートセーブでいつでも好きな時に止められる。据置機のRPGとは違って、街やフィールドやダンジョンは選択式の簡易化されたもので、手軽にプレイ出来て良いです。

美麗な CG や広大なフィールドを作るには莫大な時間やお金もかかりますが、ゲームの面白さってそこじゃないですよね。簡易なゲームでも面白いものは面白いのです。

グラフィック

グラフィックは確かに綺麗。戦闘シーンとか、イベントシーン以外は簡易なものになります。

戦闘

スマホ向けなので、大したことないだろうと思っていたらそんな事なかった。コマンド式ではなくリアルタイムに進んでいく感じ。なめてかかったら全滅しました。

プラットフォームは多岐に渡る

現在はスマホ向けのみですが、2014年中に PS4, PS3, PS Vita, Xbox One, WiiU で発売されるそうです。スマホ版とセーブデータが共有できるそうですが、スマホで基本無料なのにパッケージ版を買うか?という所が疑問です。

タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加  

コメントをどうぞ