Banishedという村作りゲームが面白すぎる

2014年3月16日
カテゴリー: ゲーム


(クリックで拡大)

つい最近 Banished という村作りシミュレーションゲームの事を知りました。ダウンロードソフトとして発売されている PC ゲームです。

何もない未開拓の土地を少人数でわずかな物資と資源を元手に、村を作り発展させていくゲームのようです。Youtube とかで動画を見てましたが、これはシムシティ好きなら絶対ハマるだろうなと。という事で買いました。

ダウンロードソフトという事で、価格は19.99$(約2,000円)。グラフィックも綺麗で作りこまれていますしこの値段はかなりお手頃価格となっています。価格がドル表記でお気づきかと思いますが、海外のゲームです。当然日本語版はありません。しかし、そんなに英語が読めなくてもユーザーインタフェースやアイコンがわかりやすいので、何となくわかります。PCゲームなのでわからない単語はすぐに調べられますしね。Wiki にはチュートリアルの和訳も出始めているので興味がある方はそこから見るのもいいかもしれません。

難易度

難易度は結構難しいと思います。英語版しかないので、最初から全てを理解してるわけじゃなくて手探りでプレイしてました。それも楽しいんですけどね。失敗したらやり直し、の繰り返しです。私が辿った道は以下の通り。

  • 食料生産ラインを確保してなかったので飢餓地獄→壊滅。
  • 冬対策(薪・防寒具製作)が足りなくて凍死祭り。ポポポポーン。
  • 食料は備蓄していたものの、人口爆発で飢餓祭り。
  • 竜巻で食料備蓄庫と人口半分ふっ飛ばされて壊滅。(備蓄庫が一件しかなかった。)

いかに資材を常に一定ライン確保しつつ、徐々に人口を増やしていくのが肝。4村目くらいでようやく安定しました。しかし、一時の油断でボロボロと壊滅していってしまうので気は抜けません。

しかし、これほどのゲームを一人で開発とか脅威。シムシティ好きなら琴線に触れるゲームだと思いますよ。

Steam:Banished

関連する記事はありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

コメントをどうぞ